私の作品は、私自身の記憶や習慣をベースに、他人の記憶や習慣、あるいはその痕跡をミックスして作られています。自分と他人の間には、完全に理解しあえない、あるいは理解できないギャップがある。このギャップは、私という個人にとっての異物感と、国境を越えた共感が混在し、見たことはあっても見たことのない世界を見せてくれます。

 

創作は、私にとってあらゆる硬直した状態から抜け出すための冒険なのです。

固定されたイメージ。夢のようにランダムで、思い出そうとするとすでに他のイメージと重なっているようなイメージを、分解して組み立てていく。粘土はいつも私を正しく裏切ってくれる。

 

自分を切り離す可能性、皮膚を持つ可能性。動く身体のカオスを受け入れ、自分の経験と誰かの経験を混ぜ合わせ、自分の中の他者に出会うこと。

 

社会よりも少し広い視野で宇宙を生きること。それ自体を遊びと捉え、表現していきます。