​工藤玲那

1994年、宮城県生まれ。

2017年、東北芸術工科大学芸術学部美術科洋画コース卒業。

様々な土地を転々としているうちに混ざりあうアノニマスな記憶、捨てきれない幼い頃の自分、唐突な夢…、個人的な混沌をベースに、絵画や陶芸、ドローイングなどの表現で、見たことがあるようで見たことがない世界をつくり出している。現在は拠点を持たず、アジアを中心に各地に滞在、横断しながら制作している。

 

 

アーティストインレジデンス

Artist in Residency Program, 滋賀県立陶芸の森 (日本) (2018)

Clayarch Summer International Ceramic Workshop (韓国) (2018)

Artist Support Project Yogyakarta (インドネシア) (2019)

Haystack Mountain School of crafts (US) (2019)

Penland School of crafts (US) (2019)

Peters Valley School of Craft(US) (2019)

Artist In residency in Ceramic Creative Center (韓国) (2020)

津軽金山焼 (日本) (2021)

 

 

個展

“anima”, POST Gallery 4GATS ,東京 (2017)

“touchable murmur”, GALVANIZE Gallery, 宮城 (2018)

​“avatar”,  Kyoto University of Art and Design Painting Laboratory 303, 京都 (2018)

“shi-ha-ha-ha-z” Gallery 1963 ,大阪 (2019)

“themselves” 서울일삼 Gallery , 韓国 (2020)

“Metamórphōsis Bon Voyage” LKIF gallery , 韓国 (2021)

“distant neighborhood” 津軽金山焼 , 青森 (2021)

“一人で寂しく 二人包含 三人集まって はい切り身” VOU/棒 , 京都 (2022)

“芽生える突起ニョッキ” NADiff a/p/a/r/t , 東京 (2022)

 

グループ展

“山形藝術界隈展〇四”, 鶴岡アートフォーラム, 山形 (2017)

“floater”, BOTA coffee, 山形 (2018)

“Asia International Ceramic Exchange Exhibition”

Clayarch Gimhae Museum, 韓国 (2019)

“Reborn-Art Festival 2019”  石巻, 宮城 (2019)

모험! 더블 크로스 Adventure! Double Cross”, PACK: , 韓国 (2019)

“Secondhand Futures :遭遇” , 사랑농장 , 韓国 (2020)

“CONTACT” , Clayarch Gimhae Museum, 韓国 (2020-2021) 

“gallery TOWED 三周年記念展”, gallery TOWED, 東京 (2021)

 

 

常設展

スターバックス京都 BAL, 京都 (2019-)